読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【企業分析】ユナイテッド&コレクティブ

企業分析

お久しぶりです。今日は2月23日(木)上場予定のユナイテッド&コレクティブ株式会社(以下、U&C)についてざっくり分析していきます。

飲食業を営む会社でよくありがちですが、社名と店舗名が全然違っており、お店の名前を聞いて「あ~、あのお店を運営しているのか」という会社です笑

f:id:multi-business:20170208205715p:plain

(the 3rd BurgerHPより引用)

 「the 3rd Burger」等、首都圏を中心に飲食店を展開しています。青山学院前の交差点から青山骨董通りに入るとお店が目に入りますね。あ~、あのお店の会社か笑

目論見書から会社の事業内容、業績、今後の展開等を見ていきます。

 

事業内容

3つの飲食店ブランドを展開しており、店舗数は全部で54店舗あります(2016年12月31日現在)。

・鶏料理を中心とした居酒屋「てけてけ」49店舗

・健康に重点を置いたハンバーガーショップ「the 3rd Burger」4店舗(全て都内)

・和食店「心」2店舗

私はどのお店も行ったことないですが汗、直営店方式で運営しています。

最近の居酒屋の勝ち残り戦略として、専門店形式が多く見られますが、「てけてけ」も専門に特化して店舗数を伸ばしているのでしょうか(行ってみないと味も雰囲気も分からないので行ってみます)。

会社HPや目論見書を見ると、他飲食店との差別化として「ISP」という言葉が多く出てきます。

ISP(In Store Preparation)とは多店舗展開する中で、セントラルキッチンを利用せずに各店での仕込み調理を行うこと。我々が圧倒的な商品力を模索する中でたどり着いた、ひとつの結論です。店内で仕込むから無駄な冷凍をする必要がありません。無駄な保存料を使用する必要もありません。だからフレッシュで安心安全、そして圧倒的に美味しい商品に仕上ります。我々は、このISP戦略を徹底し、圧倒的商品力の商品を提供することで、日本の、世界の、食のシーンを牽引していきます。(会社HPより引用)

f:id:multi-business:20170208211435p:plain

f:id:multi-business:20170208211454p:plain

 

なるほど、丸亀製麺も確かセントラルキッチンを持たずに各店舗に製麺機などを配置しているという記事を読みましたが、こちらのお店もそのようです。味やお店の雰囲気も大事ですが、こういう戦略は女性やお子様を持つ家庭から支持を集めそうです。

 

業績

 次に業績を見ていきます。

f:id:multi-business:20170208232706j:image

 f:id:multi-business:20170208232711p:image

前期(2016年2月期)は売上高4,227百万円(YoY26%増)、営業利益106百万円(YOY22%増)今期は11月度までの累計で売上高4,043百万円、営業利益174百万円と増収増益です。本業の調子が伺えます。前期のCFを見ると営業CF73.9百万円、投資CF△484百万円、財務CF354百万円と店舗拡大などの投資にお金を回せていることがよく分かります。

 今後の展開

手取金287百万円のうち、49百万円は「てけてけ」の新規出店10店舗に充てるとあり、今後も主力業態として展開していくようです。個人的には3rdバーガーが商機ありそうですが、多店舗展開してしまうとブランドイメージが逆に悪くなりそうです。都心に少ない店舗だからこそプレミアム感もあり特に女性からの人気も出そうです。残りの手取金は具体的な支出が決まるまで金融商品で運用するとのこと。・・・あんまりIPOのメリットが見えない。串カツ田中の株価が好調なように、専門居酒屋の躍進はまだまだ続きそうですので、特に「てけてけ」は要注目ですね。