【自分メモ】Anyperk福山さんとCA卜部さん

昨日、NewsPicksのタイムラインで以下の記事を見つけて手が止まった。

サイバーエージェント社員が聞く シリコンバレーで活躍する若き起業家、 AnyPerk CEO 福山さんが語るスタートアップの戦い方|FEATURES

 

シリコンバレーで社員の福利厚生事業を手掛けるAnyPerkのCEO福山さんとサイバーエージェント(CA)の執行役員を務める卜部さんの対談記事。二人は同い年で大学からの付き合いだとか。そして何にもまして私と年齢が2つしか変わらない(私の方が2つ下)。VCで働く私としては、興味津々で記事を読み、自分の備忘録のためにブログに感想を書こうと思う。

AnyPerk:https://anyperk.com/

 

AnyPerkの事業内容

卜部:まず改めてAnyPerkの事業内容を。シリコンバレーで福利厚生の事業を展開してるんだよね?

福山:そうだね、アメリカの企業向けに福利厚生を提供していて、導入している会社で働く従業員は、映画館やジム、携帯電話などを安く利用できるというサービス。福利厚生ってGoogleといった大企業は充実している一方、リソースが足りてない会社は手が回っていないことも多いんだよね。日本では似たような事業の上場企業があるのに、アメリカは労働人口が3倍あるにも関わらず成功している会社がなくて、これはチャンスだと思った。

 毎日色々なビジネスモデルを見ているけど、福利厚生を事業にしている会社、特にスタートアップはみたことがなかった。そこは、やはり日本とアメリカの労働環境の違い、ということだろうか。労働の流動性が強いアメリカでは、貴重な人材を長年確保する意味でも需要はありそう。

 

Yコンビネーターでの経験

福山:Yコンビネーターでは2つのことしかやってはいけないと言われるんだよね。1つ目はお客さんと話すこと。BtoCだったらユーザー、BtoBだったら既存顧客と潜在顧客どちらも。2つ目はコードを書くこと。
うちのチームはそもそもアイデアがないから、「ユーザーと話そう」と思ってYコンビネーターの卒業生に「何か解決したい問題はないですか?」と質問しに行った。
そしたら、お金も時間もかけて採用した社員が転職してしまうのを何とかしてほしいという声が沢山あった。サンフランシスコでは2年に1回のペースで転職する人が多いんだよね。それを聞いて、福利厚生からアプローチするのが面白いんじゃないかと思って始めたのが今の事業。
結果的にデモデーでは140万ドルの資金調達に成功した。

福山さんは、YCに初めて参加した日本人とのこと。YCでの経験は非常に興味深い。

YCでは「お客さんと話すこと」と「コードを書くこと」しかしていない、というのは日本のスタートアップ環境と大きく違う点だと思う。多くのスタートアップと会話していると、自分の経験から「これだったらまだ誰もやっていないから」という発想が多い感じを受け、サービスを開始しますが、圧倒的にお客さん(ユーザー)の調査が少ない。「どんなマーケットを対象にするのか」の質問に回答するためのデータは、大きな機関が発表している統計ばかり。一番身近な、まさに電車で横に座っている人のような人へのヒアリングが欠けている気がします。

 

日本VBのこれから

卜部:福山がサイバーエージェントの子会社社長だとしたら、どうやって会社を成長させるんだろう?

福山:会社の規模が相当大きいのにリスクを取ってでも新しい事業に投資するし、決断スピードも速いしすごく良い環境だよね。お金、ブランド、サポート、利用できるものは全部利用した方がいい。
「仮に100億円あったらどういう戦略を立てる?」、「200人採用できたらどんな事業をする?」という自問自答をよくするんだけど、その何倍ものリソースが現実にあるのがサイバーエージェントだからね。

この会話は、日本のベンチャー企業VB)の今後を占う上で(勝手に)に重要だと思う。現在の国内のVBのエグジット(出口戦略)はIPOが最重要とされている。様々VCの投資契約書をみると、IPOしてほしいということがよく分かる。一方シリコンバレーでは、IPOせずにプライベート企業のままでいたり、大企業(例えばGooglefacebook)に買収されるケースが非常に多い。これはどういう効果を生み出すのか。

IPOを目指すと、起業からおおよそ10年ほどはかかる。売上を軌道に乗せ、組織を構築し、監査法人の監査、証券会社の審査を受けると自然とそれだけの期間がかかってしまう。いざIPOをすると、創業者兼経営者は株主という外圧から絶えず業績のプレッシャーを受け、その会社を辞め新たに新会社を設立することも出来ない。しかし、M&Aならその反対が可能になる。創業から短期間でエグジットすることで創業者は巨額の報酬を手にし、新たな次のアイデアを実現するため新たな会社を設立し、シリアルアントレプレナー(連続起業家)になる。もしくは次の起業家を生み出すための投資家になる。

 

次の世代のために

卜部:この世代が求められている業界での役割をどう感じている?


福山:俺の起業のきっかけは、当時イケイケのベンチャー起業家としてメディアに出ていた三木谷さんや堀江さん、藤田さんとかを見て、何もないところから努力して上り詰めて社会にインパクトを与えているのがかっこいいなと思ったんだよね。
でも、今の就きたい職業ランキング上位は公務員や安定した職がほとんどで、経営者やIT系は人気がない。テレビを見ていると、目にする経営者って謝っているか怒られているかで、ダサいと思われているんじゃないかな。経営者になりたい人が増えないと、日本の未来は面白くないんじゃないかなと個人的に思っている。
俺らがこれから成功して、経営者に憧れを持つきっかけが作れたら日本はもっと良くなるんじゃないかな。若い人にかっこいいところを見せていかないといけないよね。

まさしくおっしゃる通りだと思います。

 

おしまい

もっと真剣に働き、勉強して同世代のトップランナーになろうと思います。