日本の決済サービスで思うこと

前から思ってはいたんですが、文字に起こしてみます。

フィンテックという言葉が半ばバズワード化してきた様相もある今日ですが、決済分野について短文で思っていることを書こうと思います。

 

多くの決済サービスが出てきました。Paypal、Stripe、LINE Pay、Apple Pay、AnyPay、Origami Pay、etc。サービスが多く出てくるのは各社間の競争になるので誠に喜ばしいことです。

しかし、ユーザー(少なくとも私)は「クレジットカードを多く持ちたくないから」、「ポイントカードがいっぱいありすぎて財布パンパン」など、独立したサービスが多数あることを不満に思っています(これがビジネスチャンスなのですが)。

したがって、多くのサービスが乱立し、弱肉強食を経て早くサービス数が絞られないかなと思っています。そうすればどこ行っても同じアプリを開くだけで、支払いが可能になります。

日本交通がOrigami Payを導入、との記事を見て考えてみました。