読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3回目の『翔ぶが如く』スタート

こんばんわ。電車の中でNetflixばかり観ていて、このままでいいのかと焦り始めたので、大好きな『翔ぶが如く』を読み始めました。

 

まだ1巻ですが(全10巻)、早くも興奮する場面ばかり。ベンチャーキャピタルの一員としてスタートアップを盛り上げていこうと考える自分としては、たった150年前に、あの短い、限られた時代に、あれだけの英雄が(しかもみんな若い)一同に出現し、近代国家を文字通りゼロから作り上げていく様が興奮してやみません。

他にも時代設定として、興味深いのは、武士階級が、武士階級の根幹である幕府を倒し、自らの武士階級を廃し、それに反発した武士階級が西南戦争を起こし、日本から武士がいなくなるっていうこと。矛盾甚だしいけど、そんなことまで考えずに、革命へのエネルギーが充満し、ある意味盲目的に行動を起こしたんだと思う。

今と環境は全く違うけど、同じ日本人として、行動を起こす時の爆発力は身につけていたいと思う。

繰り返しですが、まだ1巻なので、また面白い、考えさせられる場面があれば、備忘録代わりに記録していく。