読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【企業分析②】SIMPLE

今回は海外企業です。フィンテック企業の一つであるSIMPLE(シンプル)を紹介します。シンプルは、銀行についてみなさんが「面倒だな〜」と思うことを解消することを目的としています。

www.simple.com

はじめにオンラインバンクと記載しましたが、シンプルは銀行ではなく銀行代理店です。卑近な例でいうと、ゆうちょ銀行業務を行う郵便局各支店があります。詳しくはググってみてください。

シンプルの特徴をいくつか紹介すると

①支店がない

わざわざ支店に足を運ぶ必要がなく、スマートフォンアプリやweb上で手続きが行える。

セブン銀行ソニー銀行

②ATM手数料がかからない

金利を低く抑えることで手数料を取らない。

ソニー銀行のカードをセブン銀行ATMで使うと手数料無料ですね。

③シンプル・カードの提供

シンプルが発行する、提携銀行先のカードでの決済手数料が無料

→このサービスは日本にあるのでしょうか。探してみます。

④アプリでの複銀行口座の集約

別々の通帳を持たず済む。

→マネーツリーやマネーフォワードかな。

⑤PFM(Personal Financial Management)を提供

自分の家計、資産状況を確認できる。

→④と同じくマネーツリーやマネーフォワード。

 

FinTechスタートアップは既存金融機関を消滅させることが意義ではないかと私個人では勝手に思っているんですが、日本の金融業界は規制が厳しく、スタートアップも銀行と協業する形で活躍をしています。日本で市民権を得だしているFinTechは、決済、PFMあたりでしょうか。比べて欧米では、決済、資金移動、融資、保険など非常に多岐に渡っています。なんか、日本のFinTechはこれからガラパゴス化していくのではないかと一抹の不安を覚えています。

以上、全然分析はできていませんが、SIMPLEの簡単な紹介でした。